作成者別アーカイブ: katou1

K様邸玄関・シャッター改修工事

前回ご紹介させて頂いた各現場の模様から

早いもんで1ヶ月以上が経ち、二つの現場は

お陰様で無事に完成し、喜んでお使い頂いております。

本日はその内の1軒、K様玄関・シャッター工事のご報告を!

 

 

ご主人の永年の夢の愛車をついにご購入。

ただ現状のガレージ奥行き寸法がギリギリという事で

シャッターを前面に広げてほしいとのご相談が始まり。

その際、ガレージ奥にあった玄関が出入りが不便なので

道路面した、小部屋を潰して玄関口を作る計画になりました。

 

 

完成はこんな具合。

シャッター前の水道メーターの都合もあり制限はありましたが

20cmは広くなりました。

 

 

玄関も片引きドアになり開け閉めがらくらく!

 

 

上 玄関内部。左に見える木製ドアが以前の玄関ドア

下 ガレージ内部から見た旧玄関。

 

それにしても愛車の為に、リフォームしてしまうK様が

羨ましい限りです!

毎度ありがとうございます。

 

 

三者三様。

 

冬の厳しい寒さも越えて、気が付けばもうそこまで春の

気配が感じられる季節になりました。

年度末を控えて何かと慌ただしい時期ですが

現在進行中の現場の模様をご報告!

まず2月中頃から着工したK様邸玄関及びガレージ改修工事。

 

 

新しく購入予定のお車の全長が、現在のガレージ奥行きでは足りない為

シャッター部を前面に延長。

車に合わせてリフォームとは何と羨ましい限りです!

それに伴い、ガレージ奥にあった玄関をシャッター横道路側に新設。

 

 

 

現在は大工工事も完了し、シャッター取付待ちです。

 

続く現場は、S様邸改修工事。

こちらも前現場と同じ時期からのスタート。

四条油小路通りという場所柄「うなぎの寝床」とい例えがピッタシの

奥深い古町屋。

 

 

あちこちとリフォームのご依頼を頂いておりますが

現在は、不使用の古い和便所を改修と共に外部に面して

いるので廊下を新設し、裏の離れ2階への階段を緩やかに改修。

 

 

 

 

三つめは、本日よりスタートのO様邸改修工事。

全面改修と共に、奥に水廻りと増築予定。

 

 

 

三者三様の現場ですが、すべての工事が無事故で喜んで頂けるように

スタッフ一同、仕事に励んでまいります!

 

 

 

 

2019年始動!

image1.jpeg

2019年開幕おめでとうございます。

本年も今日から本格始動という方も多いのでは?
弊社も「皆様方のお役に立てる一年を!」と新たな気持ちでスタートをいらして頂きました。

本年もどうぞ宜しくお願い致します!

 

 

 

年末年始の営業お知らせ

 

2018年も残り僅かとなりました。
本年も格別のご厚情を賜り心より感謝申し上げます。

当店の年末年始の休業期間につき、以下のとおり
ご案内いたします。
お客様には大変ご不便をお掛けしますが
何卒ご理解頂きますようお願い申し上げます。

◆ 年末年始の休業期間のご案内 ◆
12/30(日)~ 1/6(日)

新年より、また新たな気持ちで皆様のお役に立てる存在として
邁進して参りますので、変わらぬご愛顧宜しくお願い致します。

*休業期間中も、メールにての問合せ等は随時受付けております。
ご利用ください。

 

 

 

 

 

今年も残りわずか・・・

2018年も残すところあと10日ばかりとなりました。

仕事の合間を縫って、カレンダー片手にお客様に

年末のご挨拶!

一足早いクリスマスプレゼントを頂きました!!

 

 

 

建仁寺垣フェンス新設工事

明日からお盆休みに突入という方も多いかと?

弊社も明日より16日迄お休みを頂きます。

そんなお盆休み前のお仕事は!?

玄関前に設置してあった竹の目隠し塀。

年月が経ち、色も変わり風化してしまっているので

これを機会にアルミ建仁寺垣にやり替えとなりました。

 

既存竹垣

 

解体撤去。

 

アルミ柱のピッチに合わせて穴あけ

 

柱を立て、足元をセメントにて固定。

 

竹垣部分はパネルになっており、柱間にはめ込むだけ。

ですので、前作業の柱据付は重要な作業になります。

 

 

完成!

見違えるように奇麗になりました!!

 

 

 

 

暑中お見舞い申し上げます。

日頃より格別のお引き立てを賜り、心より感謝申し上げます。

暑さことのほか厳しい折柄、皆様のご健勝とご自愛えを

お祈り申し上げます。

 

さてこの度夏季休暇の為、誠に勝手ながら下記の通り

休業させて頂きます。

 

何かとご迷惑をお掛けすることと存じますが、何卒

よろしくお願い申し上げます。

 

 

夏季休暇 8月11日(土) ~ 8月16日(木)

 

 

 

 

 

シロアリ防除工事

先月もご紹介しましたが

この時期の風物詩(失礼いたしました)白アリ駆除工事!

先日羽アリを発見されたお宅。その後調査に伺い、本日工事となりました。

浴室、トイレなど水廻り部の被害で床下に入るところがない為

床下点検口を設けさせていただき工事を進めました。

 

 

浴室は、壁・土間に小さな穴を何箇所か開けて駆除剤を吹き込みます。

土の中に卵を産み付けているので、土壌処理は重要です。

 

 

 

処理のための開口から木部、土壌を処理。

 

 

その他柱や敷居など木部にも穴を開け、液を吹き込みます。

 

 

敷居、柱元に小さな点が確認できますか?

これは作業後に穴を埋めた写真です。

今の時期から梅雨入り辺りまでが羽アリの発生しやすい時期です。

カラッと晴れた日(前の日が雨降りだと発生の確立がアップします)

に羽アリが飛び立つ可能性が大です!

見かけたら手遅れになる前に、信頼のできる工務店、専門業者への

ご相談をお勧めします!

 

 

 

 

 

 

 

 

壁ー杉皮張替工事

お庭などの塀の化粧によく見かける杉皮。

今回は建物正面の外壁に張られている杉皮の

張替工事をご紹介!

 

 

長年の雨風等に耐え、相当に色あせて所々下地が見えている部分もあります。

先ずは、押えの丸竹、杉皮をめくり釘終いを行います。

一枚の杉皮は大体1尺二寸(36cm)程度ですが、施工後の本体の伸び縮みを考慮して

15~20㎜程度重ね張りします。

その為、重ねた部分が二重になり厚みが出来ますので、張る前にカンナで厚みを削ります

 

 

一方は表側、一方は裏側を削ることによって厚みを調整していきます。

準備が出来たら順番に重ねしろ、建ちに注意して張っていきます。

張終えた後、押え&意匠に丸竹を「皆折釘」と言われる特殊な釘で止めていきます。

この釘、すべて手作りの為に現在では生産している会社が数少なくなっているようです。

 

 

 

 

こちら手前の壁が工事完了。奥がこれからの壁。

奇麗になったのがよく比較できるかと思います。

そして完成写真がコチラ!

 

 

先日ご紹介した真竹ボードのように樹脂を使用し耐久性があり

その上本物そっくりに出来上がった商品もいいですが、

 

手間暇そして定期的なメンテは掛かりますが、本物はやはり良いものです!

このような伝統も大切に継承していきたいものですね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

エレガントストーン塗替え工事

外壁塗装「エレガントストーン」塗替え工事現場を

工程ごとにご紹介!

 

 

まずは改修前の状態。約20年前に新築された時から現在に至ってます。

全体的にところどころ水垢の汚れが目立ちます。

そして何よりも表面の風化が激しく、触るとボロボロで手が真っ白く

なってしまう程です。

 

 

まず養生を済ませ、シーラー処理を行います。

一般的にシーラーには以下のような役割があります。

・塗装を行う面の塗料の吸い込みを抑え、吸い込みを均一化して塗装むらを防止する

・接着剤のような働きをし、塗装を行う面と、塗り重ねる仕上げ塗料(中塗り塗料・上塗り塗料)との密着性を高める

・塗装を行う面のアルカリを抑える

今回のような改修の場合は、浸透性シーラーを使用。

塗装を行う面に浸み込みやすく、下地を強化する役割を果たしますので

大事な工程になります!

 

 

次に目地の塗装。大変地味な作業です。

細い筆で出来るだけはみ出さないように塗っていきます。

目地の色、濃さによって仕上がりの印象が変わるので壁の色ともに

充分な検討が必要です。

 

 

目地の塗装を終えれば、充分乾かして専用の目地養生を貼り付けます。

 

 

 

いよいよストーンのネタを吹き付けていきます。

今回は単色吹きですので1回で終了ですが、複色の場合は同じ作業を繰り返します。

そして2~3日充分に乾燥させてクリア―塗装を上から掛けます。

 

 

このクリア―塗装を行うことによって表面の劣化が大幅に違ってきます。

艶を出すとともに、表面の保護になります。

 

 

軒天井、樋なども塗替え。

 

 

そして出来上がりが・・・

 

 

どうですか!?

ガラリとイメージも変わり、新築同様の仕上がりに!