月別アーカイブ: 2019年7月

屋根葺替え工事【ガルテクト偏】

梅雨の合間を縫って二軒続きのお家の大屋根葺替え工事が

完了しました!

今回は共に瓦土葺きから軽量屋根材「ガルテクト」へ改修しました。

 

先ずは既存瓦、土の撤去。

 

既存野地の上に構造用合板張り。

これで耐震強化になります。

 

ルーフィングを敷き込んで「ガルテクト」を張っていきます。

 

一枚のサイズは働き長さ2,960㎜ 幅465㎜

1㎡あたり5㎏で、和瓦屋根に比べ約1/10と超軽量。

その為地震の揺れに強く、施工も楽々でコストダウン!

その上裏地には断熱材を充てんしているので遮熱・断熱にも

優れております。

 

 

完成写真(今回はブラウン)

表面は焼付塗装で高耐久。

 

京都市では屋根の軽量化、耐震強化を促進しており工事に対し

申請すれば補助金制度が受けられます。今回の場合合わせて30万円!

大きいですよね!!

この他にも様々な工事に関して補助金制度がございます。

詳しいことがお知りになりたい方は下記までお気軽にご連絡ください。

お電話 075-202-7978

メール info@katou-k.com

 

 

 

アスファルトシングル葺き改修工事

毎日鬱陶しい日が続き、九州地方では大雨による

被害も報告されております。被災地の方々にはお見舞い申しあげます。

一日も早く、平穏な日が訪れます事お祈り申し上げます。

さてそんな雨の合間を縫って、アスファルトシングル葺き改修工事を施工。

アスファルトシングル材と言えば、100年以上の歴史があり

アメリカでは未だに80%ほどのシェアがある屋根材。

日本では、瓦に代わる軽量屋根材として一時期多く施工されていましたが

現在では新たな施工はほぼ見かけることはなくなりました。

ただ多くで使用されていた建物が、メンテナンス時期に来ているのが現状。

今回の現場もまさにその一例です。

 

 

 

経年劣化が原因で、一部がめくれてしまっています。

部分補修も可能ではありますが、今回は金属製屋根材「ガルテクト」を

重ね葺きしました。

 

 

現状シングル材はそのままに、ルーフィングを敷き

上から鋼板を重ね葺きします。

撤去材の処分がなく、時間の短縮でコストダウン!

結果的には二重張り屋根は丈夫になり一石二鳥!!

 

 

今回の現場に拘わらず、最近では多種屋根材の葺替えに

多く使用されている「ガルテクト」注目ですよ!