2020年 開幕

 

2020年開幕おめでとうございます。

弊社も「皆様方のお役に立てる一年を!」と新たな気持ちでスタートを

切らして頂きました。

本年もどうぞ宜しくお願い致します!

 

 

師走らしくなってまいりました。

今年も残り10日を切って今朝は冷え込みも

少し厳しくなり、年末らしくなってきました。

本日は休日返上で、お客様も元へ年末のご挨拶廻り。

すると思いがけぬお歳暮をいただきました。

お心遣いが嬉しい限りです!

 

 

感謝! 感謝です!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

師走を駆け抜ける!?

今年も残すところ半月を切って、何となく慌ただしく日が過ぎて参ります。
仕事の合間を縫って、今年一年の感謝を込めて年末のご挨拶に恒例の卓上カレンダーと来年度創業60周年を記念して製作したボールペンを片手に、いやいや両手に(-_-;)年末のご挨拶に伺っております!
これも偏に応援して頂けるお客様あってこそと感謝しております!
報恩感謝を忘れずに令和元年最後まで走り抜いて参ります!

 

 

 

 

 

 

 

 

年末年始営業のお知らせ

 

2019年も残り僅かとなりました。
本年も格別のご厚情を賜り心より感謝申し上げます。

当店の年末年始の休業期間につき、以下のとおり
ご案内いたします。
お客様には大変ご不便をお掛けしますが
何卒ご理解頂きますようお願い申し上げます。

◆ 年末年始の休業期間のご案内 ◆
12/29(日)~ 1/5(日)

新年より、また新たな気持ちで皆様のお役に立てる存在として
邁進して参りますので、変わらぬご愛顧宜しくお願い致します。

*休業期間中も、メールにての問合せ等は随時受付けております。
ご利用ください。

 

 

 

くらし体感スクエア 2019

取引先のお誘いでパナソニック新商品内覧会に

参加してきました。

 

 

新しい商品の展示だけにと止まらず、AI機能などをくらしに

取り入れたこれからの快適なくらしを提案するコーナーも

充実した有意義な展示会でした。

 

サイディングボードの塗装

残暑お見舞い申し上げます。

長かったお盆休みも終わり、明日から通常通りの生活に

戻られる方も多いことと思います。

まだまだ残暑厳しい折ですので、十分に体調には気を配ってください。

さて、お盆前にお仕事させて頂きましたM様外部改修工事。

外壁がサイディングボード張りという事で、今回は工事の際のポイントを

いくつかご紹介させて頂きます!

 

まずサイディングとは外壁に張る板状の外壁材の総称です。

このサイデイング材3種類(金属系、窯業系、木質系)あり、

今回は窯業系サイディング(耐久性を高めるためにセメントに木片などを

混ぜ、プレス成形で板状にしたサイディングボード。)

サイディングボードの外壁は防水性や気密性を保つために、

ボードの繋ぎ目(ジョイント部)には伸縮性があるゴム状の

シーリング材が充填されています。この部分が年月とともに劣化し

雨漏りの原因となります。

 

 

目地のシーリング材の打ち替えを行います。

古い目地材を撤去の際、下地の透湿防水シートをカッター等で

傷つけないように注意が必要です。(特に直貼り工法の場合)

 

そして、施工方法には「通気工法」と「直貼り工法」があります。

最近ではほぼ「通気工法」で施工されてますが、以前は直貼りが主流でした。

 

 

図のように左は胴縁を取付、通気層を確保しているのに対し、

直貼りは防水シートに直にサイディングボードが張られています。

 

 

サイディングボードは水によって劣化が進行しやすい材質でもあるため、

直張り工法で施工されているサイディングボードの外壁は、壁内部に

溜まった湿気によりサイディングボードの劣化が助長されやすく、

またその湿気によりサイディングボードの表面上にさまざまな不具合が

生じやすくなります。その表面に弾性系の塗料などで塗替えをした場合

湿気を通さない塗装によって湿気が内部に留まる状態が続き、

表面の塗膜に浮きや剥離が生じる原因になるわけです。

このような点にも注意して、リフォームの際には信頼できる

専門業者、工務店にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暑中お見舞い申し上げます。

日頃より格別のお引き立てを賜り、心より感謝申し上げます。

暑さことのほか厳しい折柄、皆様のご健勝とご自愛えを

お祈り申し上げます。

 

さてこの度夏季休暇の為、誠に勝手ながら下記の通り

休業させて頂きます。

 

何かとご迷惑をお掛けすることと存じますが、何卒

よろしくお願い申し上げます

 

夏季休暇期間  8月 8日(木)~8月10日(土)

8月17日(土)~8月19日(月)

変則的になりますがよろしくお願いします。

メールのお問合せは随時受付しております。

 

 

 

 

 

 

 

エクステリア工事

連日35℃越えの猛暑・・・(-_-;)

いかがお過ごしですか?

暑中お見舞い申し上げます。

さて、以前からお庭にウッドデッキをとご希望されていたS様。

梅雨明けと同時にお仕事のご依頼を頂きました!

 

 

当初はLIXILの「樹ら楽ステージ木彫」での施工を予定して

おりましたが、敷石等の高低差から施工が無理との事で

木材を使用しての大工工事となりました。

 

先ずは、束石基礎据付。

 

大引き(防腐剤処理材)を引き、直にウッドデッキを敷き込んでいきます。

今回使用の床材は、WOOONEのデッキ材。

ニュージーパインの無垢材を基調とした床材です。

厚み36㎜あり、大引きの間隔が880㎜以内なら強度的に問題なし。

 

 

その後、ポリカ波板にて屋根を設置して完成!

 

 

 

 

この夏は、可愛いお孫さんを招待してBBQやプールと

大いに楽しんでください(^^♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屋根葺替え工事【ガルテクト偏】

梅雨の合間を縫って二軒続きのお家の大屋根葺替え工事が

完了しました!

今回は共に瓦土葺きから軽量屋根材「ガルテクト」へ改修しました。

 

先ずは既存瓦、土の撤去。

 

既存野地の上に構造用合板張り。

これで耐震強化になります。

 

ルーフィングを敷き込んで「ガルテクト」を張っていきます。

 

一枚のサイズは働き長さ2,960㎜ 幅465㎜

1㎡あたり5㎏で、和瓦屋根に比べ約1/10と超軽量。

その為地震の揺れに強く、施工も楽々でコストダウン!

その上裏地には断熱材を充てんしているので遮熱・断熱にも

優れております。

 

 

完成写真(今回はブラウン)

表面は焼付塗装で高耐久。

 

京都市では屋根の軽量化、耐震強化を促進しており工事に対し

申請すれば補助金制度が受けられます。今回の場合合わせて30万円!

大きいですよね!!

この他にも様々な工事に関して補助金制度がございます。

詳しいことがお知りになりたい方は下記までお気軽にご連絡ください。

お電話 075-202-7978

メール info@katou-k.com

 

 

 

アスファルトシングル葺き改修工事

毎日鬱陶しい日が続き、九州地方では大雨による

被害も報告されております。被災地の方々にはお見舞い申しあげます。

一日も早く、平穏な日が訪れます事お祈り申し上げます。

さてそんな雨の合間を縫って、アスファルトシングル葺き改修工事を施工。

アスファルトシングル材と言えば、100年以上の歴史があり

アメリカでは未だに80%ほどのシェアがある屋根材。

日本では、瓦に代わる軽量屋根材として一時期多く施工されていましたが

現在では新たな施工はほぼ見かけることはなくなりました。

ただ多くで使用されていた建物が、メンテナンス時期に来ているのが現状。

今回の現場もまさにその一例です。

 

 

 

経年劣化が原因で、一部がめくれてしまっています。

部分補修も可能ではありますが、今回は金属製屋根材「ガルテクト」を

重ね葺きしました。

 

 

現状シングル材はそのままに、ルーフィングを敷き

上から鋼板を重ね葺きします。

撤去材の処分がなく、時間の短縮でコストダウン!

結果的には二重張り屋根は丈夫になり一石二鳥!!

 

 

今回の現場に拘わらず、最近では多種屋根材の葺替えに

多く使用されている「ガルテクト」注目ですよ!